引越の代金といっても、単に料金が1つというわけではなく、様々な料金が合算されています。引っ越し費用の内訳としては、
大きく分けて運賃(車輌費)、人件費、その他付帯料金の3つとなります。運賃は荷物を運ぶ時に発生する費用であり、車両の大きさや数によって変動します。ですが、この運賃とは荷物を運ぶ事に対しての金額なので、たとえ車両を使用しない引越であっても料金は発生するので注意が必要です。人件費は引越の際に引越を行ってくれるスタッフの数のことです。注意したいのは積地と卸地です。前者は旧居で荷物を積む人、後者は新居で荷物を下ろす人です。現場によっては積む人と下ろす人でスタッフが変わることもあるので注意して下さい。引越の費用で一番大きく影響するのが人件費です。作業員の人数×勤務時間で料金が決まるのでで、料金が同じで作業員の数が多いならそちらの会社を選びましょう。
その他付帯料金とは、いわゆるオプションです。エアコンの付け外しや洗濯機の設置、ピアノなどの運ぶ際に技術がいるものなどの料金です。

 

安くする方法

引越の料金は提示された金額を鵜呑みにしてはいけません。引越をする日を年度末や休日などの引越会社への依頼が多い日を外したり、仏滅などの縁起の良くない日にしたりと引越日を変えるだけでも料金が変わります。また、荷物の量を少しでも減らした方が料金が安くなります。荷物が多くてトラックの台数がもう1台増えたとなると料金がかなり上がってしまうので、不要な物は捨てるなりリサイクルショップへ売るなりして、引越当日の荷物を少しでも減らしましょう。また、人件費が引越費用のかなりを占めるので、自分で手伝ったり友人が手伝ってくれるなどで人手があるときは思い切って当日のスタッフを減らすのもありですよ。引っ越し費用を安くする方法は上記の通りですが、一番大事なのは数社
で見積もりを取ることです。1社だけではその会社の言い値になっていることがあるかもしれませんし、数社で競合してもらった方が料金が安くなる可能性が高くなりますよ。

 

見積もりの利点

引越の見積もりはとても大事です。見積もりを確認もせずに引越会社の言い値で引越をしてしまうことはお金がもったいないですよ。引越も見積もりをとることで、どこにお金がかかっていることが分かりますし、分かるからこそどこを削れば安くなるか、または足りないサービスを確認することもできます。見積もりの中で一番気を付けたいのがオプション料です。エアコンの取り付けや洗濯機の設置、テレビやビデオの配線などの料金が後から請求で見積もりに入っていないこともあるので、そういったことも見積もりを取っておくことで無駄に高い金額を支払うことを予防できます。引越を行う前に見積もりを行う事はメリットばかりでデメリットはありません。必ず見積もりをとるようにしましょう!

更新履歴