引っ越し業者に頼むのがベター。ちなみに料金は?

年度末になると引っ越しを行う人が増えてきます。引っ越しは頑張れば自分で行うことも可能ですが、それは荷物の少ない単身の人の話であり、1世帯の家族の引っ越しとなるとそうはいきません。

 

家電や家具など大きな荷物もありますし、それらをすべて自分たちで行うことはかなり重労働となります。

 

また、引っ越しに不慣れなために物を落として壊してしまったり、壁や床などを傷つけてしまうなどのトラブルが起きてしまうかもしれません。そのため、多くの人が引っ越し会社に依頼することになります。引っ越しにはもちろんお金がかかりますが、自分たちで行って怪我をしたり、物を破損してしまうことを考えれば、プロに頼んだ方が確実ですよね。

 

 

引っ越しの料金も様々ですが、人件費が多くを占めています。他にピアノなどの運ぶことに特別な技術を要する物を運ぶと二などには別途料金がかかりますが、さらに気を付けなければいけない料金があります。

 

 

それは引っ越しをする距離です。引っ越し料金の中で引っ越しをする距離が遠いほど引っ越し料金が高くなってしまうのです。

 

 

近くなら問題はありませんが、遠方への引っ越しとなると格安での引っ越しというわけにはいかなくなるので注意しましょう。

 

引っ越しの距離により価格の変動は引っ越し会社によって異なりますが、500kmを越えるような引っ越しとなると単身でも10−20万円、4人家族だと30〜40万円かかるといわれています。

 

 

なぜ長距離は高いのか?安くする方法は?

引っ越しをする際に使用するトラックの使用量であったり、運ぶためには燃料がいるため、その運送費となるため、単身であろうが世帯であろうが数十万円のお金がかかることは覚悟をしなければいけません。

 

 

ちなみにこれは引っ越し会社が引っ越し専用に用意したトラックを使用したときの料金ですので、引っ越しの荷物を引っ越しのためだけに運ぶという運送の仕方です。もしも引っ越しの荷物が届く日がしっかりと決まっていなくてもよいのであれば、「混載便」という方法があります。

 

 

混載便とは、荷物を運ぶ際に直接そのまま現地に運ぶのではなく、荷物を1度引っ越しの業者が預かる形と成り、その後引っ越しの荷物以外の物を運ぶ際、その方向が引っ越し先と同じ方面のものがあるときに、その荷物と一緒に引っ越しの荷物を運ぶという方法です。

 

 

この方法であれば、引っ越し業者もトラックにしっかりと荷物を詰めることが出来、かつ同時に同じ方面に荷物を運ぶことができるため、手間も運送費も少なく済むため料金が安くなっているのです。この混載便を利用すれば、上述したように数十万円かかっていた荷物が半額であったり、荷物の量によっては数万〜十数万円になってしまうこともあるくらい何です。

 

 

長距離の引っ越しにはどうしても料金が高くなりがちですが、この混載便を利用することで料金を安く抑えることができます。ですが、料金が安い反面、やはり業者に預けた荷物が自分の希望する日に受け取れないというデメリットも存在します。

 

 

引っ越し後にすぐに利用したい物は自分で運ぶ必要があります。とはいっても冷蔵庫や洗濯機、テレビなど普段よく利用する家電も、自分で運ぶことはとても大変です。こういった荷物がすぐに届かないというデメリットはどうしても存在してしまいます。

 

 

 

また、引っ越し当日にすべての荷物が運び入れられるわけではないので、その日のうちにすべて引っ越し作業が終わらないことにもなります。そういったデメリットがあっても全く問題なく生活が出来たり、気にしないのであれば混載便を利用した方が間違いなくお金の面で特をするでしょう。

 

 

荷物がいつ届いてもよいと思っているのであれば、少しでも価格を抑えるために混載便を利用してみてはどうでしょう?

 

 

どうしても長距離の引っ越しにはお金がかかってしまいます。ですが、価格を抑える方法はありますので、様々な業者に確認を取って、少しでも安くできるように検討してみてはどうでしょうか?引っ越しにはどうしてもお金がかかるので、少しでも安くできた方がいいに決まっていますよね。