荷造りはポイントを押さえればOK

引越を行う際、引越料金、引越会社を決めることに意識がいきがちで、その後はどうとでもなるなんて思っていませんか?

 

引越は確かに荷物を詰め込んでしまえば後は移動して運び入れるだけですが、その荷物を詰める作業、つまり梱包を意識するだけでとても楽になると言うことを知っておきましょう!

 

 

ただ単にダンボールなどの箱に適当に詰め込むだけでは、確かに引越は行えますが、それでは後の荷物を出すときに大変ですし、詰め方によっては中に入れた物が破損してしまう可能性もあります。

 

 

ちょっとした引越の荷造りのコツを知っておくだけで引越が快適に行えるようになるのです。

 

使わない物から詰める

荷造りの大原則は、最初に詰めるのはしばらく使用しない物からです。直ぐに使いたい物を先に詰めてしまうと、後から詰めた物をわざわざ出してから取り出す必要があり、その出した物をまた詰め込まなくてはいけなくなり、とても面倒です。まず詰める物は等分しようしない物、使用頻度が低い物、季節が違う物(夏であったらスキー用具、土鍋など)などから詰めるようにしましょう。

すぐに使う物は別に分けておく

引越直後から使用しなければ行けないような物は一番最後に詰めましょう。もしくは直ぐに使える物として別の箱を用意して、そちらに入れておく方が良いでしょう。様々な箱に入れてしまうと何処に入れたか分からなくなってしまいます。

重さによって箱の大きさを変える

重い物は小さな箱に、軽い物は大きな箱に詰めましょう。例えば、本やDVDなどかさばると重くなるような物などは、小さめの箱に詰めましょう。大きな箱に詰めてしまうと、たくさん詰め込める分とても重くなってしまいます。また、重くなった分落としやすくなってしまったり、箱が破れ安くなってしまう可能性があります。逆に軽い物はたくさん詰めても重量が重くなりすぎないため、大きな箱に詰めましょう。ダンボールの数によって料金が異なるとは言え、やはり引越は荷物が楽に運べてこそです。重い物と軽い物によって箱をしっかりと選択しましょう。

割れ物などは緩衝剤を使用する。

皿やコップなど破損しやすい物はタダ箱に詰めるだけでは中で移動して割れたりしてしまう可能性が高くなります。皿であれば一ずつ新聞紙やプチプチロールなどで包むようにしましょう。キレイにダンボールに詰めたとしても、中で動いたり他の箱などとぶつかったり、落とした拍子に中で壊れてしまいかねません。手間はかかるかもしれませんがしっかりと包みましょう。また、詰めた後に箱に空いている空間に丸めた新聞紙などを詰めておくと、中で動きにくくなったり、新聞紙が緩衝材の役割を果たすため、破損を防ぐ事ができます。

箱に名称を書いておく

物を詰めたら、そこに何が入っているかしっかりと記載しておきましょう。箱は基本的に外から見たらみんな一緒です。中に何が入っているかを一目瞭然にするため、しっかりと物品の名前を書きましょう。本やDVDなどであればそのタイトルなども書いておくと便利です。また、物を置く場所が決まっているのであれば、引っ越し先の部屋の名前も書いておくと運ぶときに便利です。寝室、リビング、和室、などなど荷物を運び入れるときに一度にリビングなどに積み上げておくよりも、しまう場所の部屋に置いておいた方がその後わざわざ移動させる手間が無くなります。

 

以上の様に引越の荷造りには様々なコツがあります。荷物の詰め方次第で引越の作業の負担が減って、効率が上がります。
引越はただでさえ肉体労働で疲れる物です。少しでも効率よくして自分の負担を減らすようにした方がいいですよね。